整形外科

運動器の幅広い疾患を対象として、患者様のお身体に、より負担の少ない治療を行っています。

運動器疾患(変形性股関節症、変形性膝関節症、腰部脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニア、脊椎圧迫骨折、人体損傷などのスポーツ障害、骨折など)が対象です。
変形性股関節症や変形性膝関節症に対しては人工関節置換術などの手術を行っています。
脊椎疾患に関しても積極的に手術を行っており、顕微鏡下手術、内視鏡下手術、経皮的椎体形成術、インプラントを用いた固定術などを行います。
また、高齢者の骨折予防のため骨粗鬆症治療も積極的に行っています。保存治療を行いつつ、必要に応じて手術を行います。
松山市の二次救急医療機関でもありますので、特に高齢者の大腿骨近位部骨折に対しては積極的に手術を行っています。
手術後はリハビリテーション室と連携をはかりながら診療にあたっています。

患者さまへ

くび、かた、こし、ひざの痛みに対し、体に負担の少ない治療で症状の早期改善をはかるよう努めています。
また、リハビリテーション部と連携をはかりながら診療にあたっています。
新生児、小児、学童から成人、高齢者までのすべての年齢層が対象です。
変形性膝関節症、変形性股関節症に対しては、人工関節置換術等の手術を行い、高齢者の大腿骨近位部骨折に対しても積極的に手術を行なっています。

整形外科部長 中城 二郎

診療スケジュール・担当医表

診察の順番は、1階総合受付での順となります。

整形外科

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
午前 村上 午前 中城・村上 午前 手術 村上 午前 中城・村上 午前 - 午前 -
午後 手術 午後 中城・村上 午後 中城・村上 午後 中城・村上 午後 - 午後 -
月曜日 午前 村上
午後 手術
火曜日 午前 中城・村上
午後 中城・村上
水曜日 午前 手術
村上
午後 中城・村上
木曜日 午前 中城・村上
午後 中城・村上
金曜日 午前 -
午後 -
土曜日 午前 -
午後 -

診察スケジュールは変更になる場合がありますので、なるべく事前にご確認ください。

089-936-2496(整形外科)

対象疾患

  • 変形性股関節症
  • 変形性膝関節症
  • その他変形性関節症
  • 脊椎疾患 (頚椎、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰椎すべり症、腰椎分離症、脊椎圧迫骨折など)
  • 外傷疾患(骨折、靭帯損傷など)

お気軽にご相談ください。

検査

  • レントゲン検査、CT、MRI
  • 骨密度検査
  • 血液検査 など

治療

  • 薬物治療(疼痛コントロール、骨粗鬆症)
  • 注射(関節内注射、トリガーポイント注射、ブロック注射)
  • 物理療法(腰や頸の牽引、低周波療法、干渉波療法、超音波療法、直線偏向型遠赤外線レーザー等)
  • 運動療法 → 適応:膝痛、肩痛、ロコモティブ症候群等の運動器不安定症、転倒予防
         → 内容:可動域改善、筋力増強、バランス改善、起居動作指導、ADL動作改善、徒手療法等  など

手術

  • 人工関節置換術(膝、股関節)
  • 脊椎疾患手術
    (顕微鏡下手術、内視鏡下手術、圧迫骨折に対する経皮的椎体形成術、インプラントを用いた腰椎固定術など)
  • 各骨折の手術  など

リハビリ室

5名の理学療法士と1名のリハビリアシスタントの計6名でリハビリテーション業務を実施しています。
各診療科医師の指示もと連携してリハビリテーションを展開しています。
関節可動域制限・筋力の低下・バランス不良・動作困難・歩行障害など、痛みの大小にかかわらず日常生活に問題を抱えている方が多く、症状にも個人差があり、患者さまの声にしっかり耳を傾け細かい変化に気付けるよう日々努力しています。
一般化学療法のみならず、超音波やレーザーなどの物理療法にも専門的な知識のもと実施しております。
5名という少人数ですが、スタッフ間のコミュニケーションも密にとれており、アットホームな雰囲気で業務に取り組んでいます。

物理療法

牽引療法(頚椎・腰椎)、電気刺激療法(Wadit-12・SSP)、光線療法(半導体レーザー、スーパーライザー)、渦流浴、パラフィン浴、マイクロ波などを用いる物理療法を行っています。

運動療法

筋力強化や関節可動域訓練、立位・歩行訓練などの運動療法を行っています。

スタッフ紹介

整形外科部長中城 二郎

専門分野 関節外科(股関節外科・人工関節)
学会認定等 日本整形外科学会専門医・卒後臨床研修指導医
日本整形外科認定
運動器リハビリテーション医
日本整形外科学会
中部日本整形外科災害外科学会
日本股関節学会
日本人工関節学会
日本関節病学会
日本骨折治療学会
メッセージ 30年間松山赤十字病院で経験したことを生かして、松山まどんな病院でも頑張ってみたいと思います。痛みがとれて歩くことがこんなに楽しいことと実感していただけるように患者様の治療に全力を注いでいくつもりです。

整形外科部長村上 貴文

専門分野 脊椎脊髄疾患
学会認定等 日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
日本脊椎脊髄病学会指導医
趣味 サックス演奏、野球観戦
メッセージ 愛媛大学医学部医学科卒業後、愛媛県立中央病院に3年間勤務。その後京都で11年間脊椎疾患の診療に従事し、800件を超える脊椎手術を行ってきました。
脊椎疾患とは脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、圧迫骨折といった背骨が原因でおきる病気のことです。首の痛み、腰の痛み、手足のしびれなどの症状がある患者さんはそういった病気の可能性があります。治療の基本はまずは保存治療(投薬、ブロックなど)です。適切な治療を行えば手術しなくても痛みやしびれが改善する患者さんもいますので、お気軽にご相談ください。

2021 © Shinsenkai Matsuyama Madonna Byoin

ページのトップへ戻る